ジェルネイルが初めての方必見!選び方のコツ

ジェルネイルにチャレンジしてみませんか?

今やサロンでも主流となってきている、ジェルネイル。マニキュアのように、手軽に自分でできる
ジェルネイルはこちらから。


こちらは、 ;購入体験談 のページです。


ジェルネイルとは?

 

ジェルネイル用品のイラスト

爪に塗ってオシャレを楽しむものです。これは、マニキュアも同じですが、一番の違いは、ジェルネイルは塗った後、UVライトやLED・ライトを使用して固めます。
つまり、材質や手順が大きく違うということになります。

 

 

 

使い方の概要

  1. キャップを開ける
  2. 専用の筆を用意し、ジェルを爪に塗る
  3. 塗った後はUVランプに手をかざして、ジェルを硬化させる

 

 

マニキュアとの大きな違いは最後にUVランプで硬化させることで、ジェルネイルは紫外線を当てなければ、サラサラの液状で、いつまでたっても固まらないことです。


 

ジェルネイルの特徴

 

ジェルネイルの特徴は?

  • 綺麗なツヤと透明感・・・マニキュアにはないツヤ感と透明感。
  • 自爪を強くする効果がある・・・ゲル状の液を爪にのせることにより、爪に厚みが出て爪の強化に効果的。
  • デザインがしやすい・・・ジェルはライトに当てなければ固まらないので、デザインが失敗しても時間を気にせず、やり直せる。
  • 無臭だから安心・・・マニキュアのように強い匂いがないのでセルフネイルに安心。
  • 圧迫感がなく柔軟性がある・・・従来のイクステンションと違い、圧迫感がない。さらに、柔軟性があるため、長持ちし、耐久性もある。
  • カラーが混合できる・・・ジェルのカラーを混ぜて使用することができるので、自分のオリジナルのカラーを作ることができる。
 

ジェルネイルのジェルって何?

 

ジェルとは?

 

【ジェル】とは、水あめ状の合成樹脂のことです。

 

UVライトやLEDライト(紫外線や可視光線)を当ててジェルを固めます。
ジェルが固まることを硬化といいます。

 

ジェルが固まる性質を利用して爪を保護したり、自分の爪より長い人工の爪を
作ることができます。

 

ジェルは固まってからもマニキュアに比べ適度な柔軟性がありますので、爪にフィットして
はがれにくいという特徴があります。

 

 

爪への影響

 

ジェルネイルによる爪への影響は?

 

ネイルの下準備の写真

ソフトタイプであるソークオフジェルをオフする時に使用するリムーバーは、保護成分が配合されているものもあり、マニキュアの除光液に比べると、爪に優しいです。

 

しかし、ジェルを塗る前の下準備の際に、自爪に傷をつけて施術することになります。
ハードジェルの場合は、さらにオフする際にも自爪を削りますので、セルフネイルを行う際には、十分な注意が必要となります。

 

ジェルネイルの長所

 

ジェルネイルの長所として

 

  • 「もち」が長い・・・個人差はあるものの2〜4週間程度そのままです。
  • 紫外線を使って固めているので、紫外線による黄ばみがない
  • 自爪に乗せるので、密着がよく、爪を傷めにくい
  • マニキュアに比べて日常生活でもあまり邪魔にならない
  • マニキュアと違って匂いがない
  • ジェルを塗った後、UVランプにより短時間で硬化
 

ジェルネイルの短所

 

ジェルネイルの短所として

 

  • 長持ちするので、デザインが固定される
  • メンテナンスや落とすのは知識が必要で、無理に落とそうとすると爪を傷める事もある
  • 紫外線を当てる時に熱が出るので、熱さを感じる
  • ジェルによっては、トップコートを塗り直すなどの定期的なメンテナンスを必要とする
  • 浮き出すと、水分が入り、カビが生える危険性がある。
  • 完全に落とすのに30分程の時間を必要とする
 

はじめて自宅でジェルネイルをするには!

自宅で施術できるジェルネイルのキットは専門店やインターネットでも販売されています。はじめてトライされる方にはこちらの商品をお勧めします。

はじめての方は ;購入体験談 も参考にしてみてください。